【ファッション】 40にして迷わず、「しまむら」に行ってみました

公開日: : エッセイ

【ファッション】 40にして迷わず、「しまむら」に行ってみました

 その昔、「おばちゃんたちの『ユニクロ』だよね」と言われていた「しまむら」。今では『ポップティーン』みたいな若い女の子たちの読む雑誌とのコラボもあって、老若男女問わず「しまらー」がいる時代だ。

 筆者は不惑のお年頃になって、「もうおばちゃんな年になったし」となにやらよくわからない軽い理由で、近くのしまむらに行ってみることにした。
 初めて踏み入れたしまむらは、大型店なのか思った以上に広く、取扱商品も女性向けのファッションだけだと思っていたら、子供や男性向けのものもあるし、毛布やらタオルケットなどの生活雑貨も豊富なのには驚いた。

 今回の目的はブラウス。お仕事先の制服に合わせられる、できれば洗濯してもシワになりにくい素材で、アイロンがけの手間を省きたい。「そんなのあるのかしらね?」と高みの見物気分で、店内をグルグル回ること少々。新社会人や新入学などに合わせたマザー対応商品の並ぶ一角に、ブラウスがずらり。11~13号サイズが多く、おそらく売れ筋?の9号サイズは品薄気味だったものの、ほとんどがシワになりにくそうなポリエステル素材だし、フリルがついていたり、胸元がリボンタイになっていたりとデザインもいろいろ。しかも、2000円以下。…いやはや、おみそれいりました。結局、フリルの具合はナラ○ミーチェにも負けないかも?と思うようなブラウスを中心に、ついつい3点も買い込みましたよ。

 すぐそばの特価コーナーに、1点だけあったエミリ○・プ○チ風な幾何学模様のワンピースにも一目ぼれ。サイズはLサイズと、普段S-Mサイズの筆者には大きいものの、サックドレスタイプなので、付属のリボンや手持ちのベルトでブラウジングすればいいし、とゲット。2300円とお値打ち品なのに、そう見えないデザイン。このワンピースに合う、ブルーの某インポートブランド風バッグも2300円で発見したので、ついで買い。なんだかいい感じじゃない?と自画自賛しつつ、お店を後にした。

 そういえば、テレ東の番組でしまむらの社長さんが「『実は一点ものが多い』と言っていた」と友人が話していたっけ。真偽は確かめづらいものの、しまむらの商品は案外「人と被りにくい」という声はネットでもよく見受けられるから、どこで買ったか言わなきゃわからないかも。実際、会合に着て行ったら、女性陣に大好評で、「実は、しまむらなの~」というと、「ええっ!全然見えない、高級品っぽい」とお褒めの言葉をいただきましたとさっ。

 コシノヒロコデザインのパンツだとか、尖ったデザインのものも探せばあったりして、ちょっとした宝物さがし気分も味わえた、しまむら。コーディネート次第で、あなたにぴったりの使えるアイテムが見つかるかも。

 

しまむら

 【買う時のポイント】
一、試着はきっちりやりましょう。少しでも自分に合わないと思ったら、安くてもゼッタイ買わない。
二、会計の前にダウンタイムを。ついつい安いからと、ヒートアップして、カゴにたくさん入れてしまいがち。冷静に“本当にいるもの”を判断しましょう。
三、安っぽく見える素材には手を出さない。

参照元:しまむら

関連記事

green_1

少子化を解決するのはやっぱりタモさん?

タモリさん32年間おつかれさまでした。 いいともには関係ないですが、タモリさんがアコムのCMに出演

記事を読む

image1

ワンちゃんに食べさせてはいけない危険な食べ物ベスト10

ほとんどの飼い主さんは、人間の食べ物をワンちゃんに与えてはいけないということはわかっていることでしょ

記事を読む

名称未設定-1

あなただっていつ矢口真里さんになるかわかりません(キッパリ)

先月は矢口真里さんの結婚した月でもあって、離婚した月でもあります。 2011年5月22日中村昌

記事を読む

13995145199960

【エッセイ】ルチャリブレとわたし

5月に入り気温も上がり、紫外線もバンバン射し中国大陸からのPM2.5の影響からでしょうか、うららかな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑
-->